はじめに

社会人をサポートするために東京に開設した心理カウンセリングルームです。
仕事帰りの夜と休日の土曜日に立ち寄って相談できる場所を提供しています。

2008年7月21日にオープンいたしました。
今は、カウンセリングとコーチングの技術をあわせ
自然体カウンセリング、自分軸コーチングを行う
『土曜日の散歩道』として
いっそうお客様の気持ちに寄り添うことを意識しています。

忙しくてザワザワとした日常から離れて
誰にも邪魔されない安全安心でプライバシーを厳守した場所で
疲れた心が落ち着いて静かになって
素直な本心が自然と言葉になって出てくる
そして何より
お客様がご自身の人生をより幸せに変えてゆく勇気をつけて
自分のことだけに集中できるところとなっていると実感しています

よろしければ
あなたが本来もつ素直な気持ちを引き出しながら
人間関係を見つめて心のあり方と人生について
じっくり確認、整理してみませんか?

自分の心の置きどころや、進む道を探してみる時間
幸せになるために
自分の本心と向き合う時間を持つことはとても大切です。

自分と向き合うことで
自分らしい存在のあり方(生き方)が見えてくるのです。

 

わたしが大切にしていること

あなたと誰かとの間にあった出来事とその時に感じたことを
話す時間をじっくりと持っていただくこと
誰かの答えではなくてあなた独自の答えを
自発的にサラッと導き出せるように
サポートしていくことを大切にしています。

 

名前の由来

『土曜日の散歩道』という名前は、
「休日の軽やかな散歩」をイメージしてつけました。
まるで散歩をしているかのように、
感じるままに落ち着いて何でも話せる
自由で安らいだ時間を提供したい
という気持ちを込めて名付けました。

 
ミッション

『社会人が幸せな気持ちでいられる生活時間を増やしていくこと』
『お客様の幸せを広げるお手伝いをすること』

 

信条

『お客様が、私と二人でゆったりと、散歩をしているかのような時間を提供いたします』
『お客様が、問題、解決方法、夢や希望をじっくりと話す場所の提供をいたします』
『お客様が、より幸せで豊かな人生を歩むためのお手伝いをしていきます』

 

目標としていること

『お客様が抱えているもやもやした気持ちをすっきり整理していただくこと』
『勇気をだして来てよかったと実感していただくこと』
『他人や社会の常識ではなく、
お客様の価値観(自分軸)を明確にするサポートを続けること』
『喜怒哀楽、好き嫌い、すべての気持ちを そのまま肯定的に受け止めること』

 

人間は感情の動物といわれています

起こった出来事それ自体に問題があるというのではなく、
その出来事をどんな気持で受け止めたのかによって、
「幸」「不幸」を決定しているといわれています。

例えば、
偉い人だったり、大金持ちだったら、
モテモテだったら、有名だったら
幸せなのでしょうか?
普通の人だったら、
これと言って取り柄がなかったら、
不幸なのでしょうか?

そんなこと絶対ないです。
「じゃあどうして、
わたしはこんなに辛い思いをしているの!!!」

大切なことは
その出来事が起きたときに感じていた気持ちを
どんなふうに記憶しているか、なのかもしれません。

あなたは
毎日、あなたの気持ちを確認していますか?
瞬間瞬間に、
感じたことをそのまま素直に受けとめられていますか?

自分が感じている気持ちに蓋をして、
あなたの気持ちを置き去りにして、
心を犠牲にして 、
嫌なことをなかったことのように自分に嘘をついて
日々を暮らしてたりしていませんか?

そんな日が長く続いていると
いつか苦しみに立ち止まってしまうかもしれません。
とらわれてしまった思いや傷ついた心に
そっと優しく、丁寧に触れていくことで、
癒しと浄化がおこります。

そして、その癒しの根本は、
あなたの「今ここ」から始まるのです。

痛い思い出や、傷ついた心を無理して
さらけ出すことはしなくて良いのです。
ただほんのちょっとだけ時間をかけて、
自分にそっと優しく語りながら、
癒して浄化していきましょう。

気持ちが浄化されて、ゆっくりと受け止められるようになれば
「幸せに向って行動するエネルギー」が生まれてきます。

今のあなたに何も足す必要はなくて、
そのままのあるがままのあなたを表現する勇気を持てるように
少しずつトレーニングしていけばいいのです。

   ★  ★

あなたは、あなたのままでいい。
自分らしく自然体の日々を
自分の価値観(自分軸)にそった
自分が主人公の人生が送れますように
そっと応援しています。