初めて来てくださるお客様へ

 目次

1.初回(インテイクといいます)
2.「あなたらしさ」と「大切にしたいこと」が出てきます
3.心と行動をサポートをいたします
4.心理カウンセリングの受け方
5.どんなふうに進んでいくの?
6.受けようか迷っているとき
7.男性と女性のコーチ(カウンセラー)の違い
8.コーチングとカウンセリングの融合
9.はじめてのカウンセリングについて
10.カウンセリングルームでは

1.初回(インテイクといいます)

 初めて来てくださった方には、まずこの部屋のルールを説明させていただきます。


ルール
・お客様が自由に何を話しても良いということ
・他人がどう思うかではなくご自分がどうかを大切にすること
・話してはいけないタブーはないということ
・話の流れが違う方向に行ったと思ったら軌道修正して良いということ
・日常と離れた安全安心に守られた場所であるということ

ニーズの確認
次に、お客様のニーズをお伺いしてお話がはじまります。
・今、どんなことが起きていて、
・今、何を感じているのか
そして
・今から、どうなっていきたいのか。

あなたが自分らしい幸せをつかめるように
行動や思考のパターンに気が付いていくこと
あなたが大切にしたいことと
抱えているけれども捨てたいもの
を知ることができたり
・あなたが感じていたけれど、嫌で蓋をしていたものや
・あなたが望んでいるけれどブレーキがかかっていること

などが
少しずつ和らぐような対話をしていきます。

 

2.「あなたらしさ」と「大切にしたいこと」が出てきます

自分がどうしていいかわからない。
漠然としていてはっきりと口に出せない。
頭にもやもや感がありすっきりしない。
いつも同じことをぐるぐると考えてしまう。
とにかく幸せになりたい。
もっと勇気がほしい。
ひとりで考えてもなかなか抜け出せないことかあります。
そんなとき、
傾聴のプロに気持ちを引き出してもらうと、
あなたが二人いてミーティングしているような
感覚になることがあるようです。
すると、
こんなことがあった。
こんなことを大切にしていた。
これが欲しかった。
これを自分の支えにしていたい。
目的や欲求、進む方向、気持ちが明確になっています。

3.心と行動をサポートをいたします

明確なヒントが見つかったら?
あとは心のケアをしながら勇気ある行動に向かうこと
あなたの本心に従っていたら、
これほどの苦労はせずに過ごせていたのかもしれません
そして、みんな同じなのですが、
わかっていてもできないこと、やめられないことがあるのです。
それは結構多くて、
誰かのサポートを受ける方が早く幸せになっていくのです。
理由は、今までの癖と習慣がネガティブな方へ向かわせるから。
誰もが持つ心の安全装置、
「ネガティブな否定性」というブレーキが出てきたりするものです。
どうせだめだ。
自分は誰からも認められない。
幸せになっちゃいけないんだ。
それに、怖いし自信もないし。。。
こころの深層にある感情を出し切ることがなければ、
もやもやした気持ちを抱えたまま、
振り子のように気持ちは揺れ動き疲れてしまいます。
行動に移す前に心が倒れてしまっているのでしょう。
あなたの気持ちを優しく大切に支えながら
小さな一歩に意識を向けて幸せの散歩道を歩いていきましょう。

4.心理カウンセリングの受け方

メールでご予約を入れていただくときに、
「ご希望の日時を確認」しています。
空いていれば、予約承りメールをご返信いたします。
空いていなければ、
他の時間を提案させて頂いてご都合を確認いたします。
双方が合意して予約完了となります。


わたしのカウンセリングでは
個人情報保護の観点から話の内容を細かく記録せず
メモ用紙一枚にポイント書く程度にとどめています。
だからと言って、
以前のお話を忘れてしまうこともないようです。
緊張するのは、はじめの1分程度です。
初対面は僕の方も少し緊張しています。
でも大丈夫。
勇気を振り絞って予約ができた時点で
あなたには良い変化が訪れています。
・何から話しても良い方向に向かいます。
「バラバラな話をして分かりにくくなかったですか?」
と気にしてくださる方もいらっしゃいますが、
たいていの話は、いくつかのことが合わさっているのです。
それを、ひとつひとつ丁寧に確認しながら伺うことにしています。
(ですから初回はいつも、少し時間が延びてしまいます。)
通っていただく回数は、月に一(もしくは二)回。
「人生を好転させるのにメンタルコーチングを受けているのです」
と長く通ってくださる方も多いです。


ここに来ることで
部屋をでてからの日常に何か大きな変化がおこります。
とても静かで落ち着いた、心の内側からの好転反応です。
ひと月のうちの、たった一時間が、
・平穏に暮らすきっかけになった
・モチベーションを維持して柔軟でしなやかな心を保てた
・人間関係に程よい距離感を保つことができていた
というような効果をうみます。
普段の生活で、
・誰にも邪魔されずにじっくりと気持ちを確かめる時間、
・自分のことをじっくり語る時間などは、
そうそう持てるものではありません。
あなたの心の深い部分から出てきた気持ちを
ご自身で受けとめた瞬間、
こころの浄化が起こり、幸せへと向かう
元気なエネルギーが作られるのです。
一度いらしただけで
素敵なヒントをつかんで帰られる方もいらっしゃいます。

5.どんなふうに進行していくの?

じっくりとお話をお伺いしていきます。
普段の会話では一人だけおしゃべりしっぱなし
なんてことはあまりないと思います。
この部屋での感想でいただくコメントによくあるのはこんな感じです。
「あっという間に時間が経ちますね」
「こんなに話を聞いていただいたことはありませんでした」
「自分のしゃべっている、口から出てくる言葉にびっくりしています」
「誰にも邪魔されずに話すと、こころが浄化されるんですね」
「仲間や親しい人にでも話せないことを話せる場所って貴重ですね」
心が静かで、集中した深い時間が持てるのです。

6.受けようか迷っているとき

それはきっと心が
「試しに受けてみたい」
と決めているのだと思います。
あなたの直感を信じて行動してください。
ふらっと覗きに来る気持ちで
いらっしゃるといいのかも知れませんよ。
なんとなく気になるという心の揺らぎから、
一歩進んでみてください。
行こうか止めようか、と心が揺れているとしたら
人生を変化させるチャンスなのです。

7.男性と女性のコーチ(カウンセラー)の違い

僕は男ですが、女性のお客さま比率が80%と多いです。
年齢は、30代が多く、
次いで、40代、20代、50代、それ以上
となっている印象です。
男女差よりフィーリングだということでしょうか。

8.コーチングとカウンセリングの融合

土曜日の散歩道では、
コーチングとカウンセリングの良さを合わせています。
コーチングとは、人材開発のための技法のひとつとして知られています。
・コーチングは
受ける人を目標達成に導く人
あなたの存在の素晴らしさと可能性の発見を手伝います。
・カウンセリング(counseling)は、
心理的な問題や悩みについてサポートする人
こころの深く繊細な部分を受け止めて囚われた心を開放します。
カウンセリングだけだと、
症状や対人関係の悩みなどの話題から発展していかないときがあります。
コーチングだけですと、
なんだか楽しい時間だったけれど、
核心となるところには触れないで終ってしまうということもありがちです。
両方を使って、
クライアントさんのこころの癒しと浄化(カウンセリング)
なりたい姿や夢へ向かうサポート(コーチング)
までを協力させていただいています。


もともとコーチングは、
カウンセリングから派生したものだと理解しています。
ですから、技法に大きな違いなどあるはずもなく、
両方を扱ってきたわたしにの対話には、
区別なく混ざりあって入り込んでいます。

9.はじめてのカウンセリング

いろいろなホームページをのぞいてみても、
実際に予約して部屋に入ってみなくてはわからない部分があります。
予約メールをしようと思っても、パソコンの前で心は揺れると思います。
それに、コーチの写真があっても、
はじめての人と会うのって緊張しない人のほうが少ないですよね。
カウンセラーからみても実は同じです。
はじめて来られる方がどんな方なのか、何をお話してくださるのか
お会いするまでわかりません。
(当然、程よく、少し緊張しています。)
申し込む勇気、初めての場所に飛び込んでみる好奇心は
あなたの心に備わっているものなのです。
あなたはあなたのままでいい。
『勇気の羽を広げたらやがてチャンスの風が吹く』
そんな言葉をプレゼントしてくださった方がいらっしゃいます。
あなたにもその言葉をプレゼントさせて頂きたいのです。

10.カウンセリングルームでは

すこし雑談しながら
個人情報保護のことと料金を確認させていただきます。
次にこの場所の
【何を話しても良い、悪口などでも良い】
というルールと時間の確認をして会話が始まります。
そして、
「今日はどんなことでいらっしゃいましたか?」
とお伺いいたします。
すると会話は静かにはじまっていきます。
あとは、自然な流れで話に集中している時間が過ぎていきます。
あなたの幸せをそっと応援させていただきます。