特に大切にしていること

あなたと誰かとの間にあった出来事と、
その時に感じたことを話す時間をじっくりと持っていただくことで、
誰かの答えではなくてお客様から自発的な答えが導き出せるように
サポートしていくことを大切にしています。

 

名前の由来

『土曜日の散歩道』という名前は、
休日の軽やかな散歩をイメージしています。
まるで散歩をしているかのように、感じるままに
落ち着いて何でも話せる自由で安らいだ時間を提供したい
という気持ちを込めて名付けました。

 

ミッション

『社会人が幸せな気持ちでいられる生活時間を増やしていくこと』
『お客様の幸せを広げるお手伝いをすること』

 

信条

お客様が、私と二人でゆったりと、散歩をしているかのような時間を提供します。
お客様が、問題、解決方法、夢や希望をじっくりと話す場所の提供をします。
お客様が、より幸せで豊かな人生を歩むためのお手伝いをしていきます。

 

目標としていること

「お客様が抱えているもやもやした気持ちをすっきり整理していただくこと」
「勇気をだして来てよかったと実感していただくこと」
「他人や社会のではなく、お客様の価値観(自分軸)を明確にするサポートを続けること」
「喜怒哀楽、好き嫌い、すべての気持ちを そのまま肯定的に受け止めること」

 

そもそも「本当にやりたいこと」とは何でしょう?

「自然体カウンセリング」を受けることで、
心と身体の力が抜けた「いい気分」な状態で
日々を過ごせるようになることを目指しています。
自分らしく自然体で生きるためには、
「自分が本当にやりたいこと」
「大切にしている価値観」
を見つけることがとても重要です。

とはいえ、「本当にやりたいこと」を見つけるのは、
けっこう難しいものだとも思うのです。

わたしがお手伝いできること

「自立」とは、他への従属から離れて独り立ちすること。
他からの支配や助力を受けずに、存在すること。
辞書にはそう載っています。

他人をサポートするということは、
自分がしっかりしていないとできません。
誰かを助けようと思って手を貸して、
相手が全体重を預けてきたら、自分が安定していないと
共倒れになってしまいます。
多くの場合、他者依存がトラブルの原因になっているのです。
そこで「自立」を強く意識したいのです。
私自身、自分でしっかり自立するよう努めています。
同時に、お客様にも素敵に立って行動していただくために
カウンセリング(メンタル・コーチング)を行っています。
「みなさまが自立できるようになること」
「家族や仕事、社会に振り回されない人になること」
これがわたしがお手伝いできることです。

人間は感情の動物といわれています。
起こった出来事それ自体に問題があるというのではなく、
その出来事をどんな気持で受け止めたのかによって、
「幸」「不幸」を決定しているといわれています。

例えば、大金持ちだったら、モテモテだったら、
有名だったら 幸せなのでしょうか?
普通だったら、これと言って取り柄がなかったら、不幸なのでしょうか?
そんなことないですよね。

「じゃあ、どうして、わたしはこんなにしんどい思いをしているの!!!」
大切なのはその出来事が起きたときに
感じていた気持ちをどんなふうに記憶しているか、なのです。


あなたは毎日、あなたの気持ちを確認していますか?
瞬間、感じたことをそのまま認めて受けとめられていますか?
気持ちを置き去りにして、あなたの心を犠牲にして
物事を進めていたりしていませんか?
とらわれてしまった思いや傷ついた心をそっと優しく
丁寧に触れていくことで、癒しがおこります。
そして、その癒しの根本は、 あなたの「今ここ」から始まるのです。

痛い思い出や、傷ついた心を無理して
さらけ出すことはしなくて良いのです。
ただほんのちょっとだけ時間をかけて、
自分にそっと優しく語りながら、癒して浄化していきましょう。
気持ちが浄化されて、ゆっくりと受け止められるようになれば
幸せに向って行動するエネルギーが生まれてきます。

今のあなたに何も足す必要はなくて、そのままのあるがままの
あなたを表現していけばいいのです。

あなたは、あなたのままでいい。
自分らしく自然体の日々を自分の価値観(自分軸)にそった
自分が主人公の人生が送れますようにそっと応援しています。